2013年05月06日

ビブラート(ヴィブラート)

るんるんビブラート(ヴィブラート)は音をふくよかにし
弓奏楽器の特徴が出るので しっかりマスターしましょう。


初めのうちは 前後に動かす右手と
左右に動かす左手の動きが難しいですが
何度も練習をしたら できるようになります。

上の動画では 揺らすときに音が出ていますが
なるべく鳴らさないようにしましょう。

🎵ヴィオリラのビブラートは 大まかに次の3つに分けられます。

@はじめなし  間をおいてからかける
Aずっとかける
Bはじめかけて 後半かけない


テンポや曲想によって使い分けます。

初心者は 初めは普通に弾き出た音を確認してから
左手を揺らすとやりやすいです。

音符が長くて、音程の不安定さを補うときも使います。


るんるん実際の曲の見本として 以下のところへアップしましたので
参考になさってください。
http://youtu.be/aPBJ4gQANJc
posted by ヴィオリラ講師KON at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィオリラレッスン初級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

トレモロストリングス


かわいいあんこさんから 以下の質問箱に
http://violyre.seesaa.net/article/40697184.html
以下の答えをつけていました。

Aトレモロストリングスは オーケストラのバイオリンが シャワシャワと弓を上下させて鳴らしている演奏と同じようにする方法です。弓の先(先弓)を使って演奏します。
同じ音を長く弾くときに用いる場合が多いです。
これも百聞は一見にしかず・・・ですね。


るんるん2月下旬のことだったので もう2ヶ月以上になりますが
イベントも一段落したので
動画を作成してみました。

動画の中でも言っていますが、「軽く」を心がければ
そんなに難しい奏法ではありません。
posted by ヴィオリラ講師KON at 02:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 講師からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

親指の打鍵 と 休符

ひまわりさんから質問がありましたので
画像や動画を使って説明します。

左手親指の置き方としては ↓のように
横向きで鍵盤に触っているのが
腹近いところです。
CIMG5236.JPG

動画 ↓ でも見て確認ください。


休符の方も 動画 ↓ で見てください。
posted by ヴィオリラ講師KON at 01:38| Comment(5) | TrackBack(0) | ヴィオリラレッスン初級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

弓の練習は 電源を入れましょう

ここの登録生徒さんから 質問がありました。
お答えはしましたが 実際の音の違いをわかっていただけるように
音を入れましたので 聞き比べてください。
(弦を張り替えたばかりの楽器で録音したので 音の出方は初心者の楽器と同じ感じかもしれませんね)


季節柄♪「夏は来ぬ」(作曲:小山作之助=PD)をやってみました。

(音量が小さいものがあるので 下のプレイヤーの左の「+」で音量を少し上げてください。(目盛り4推奨)
            大きく上げたら B以降のライン録りで 大きくなりすぎますので注意!
るんるん@電気を通さず 鳴らした音 生録


るんるんA電源を入れて 生録(「リバーブ2」ON)


るんるんB「A」と同じ状態で ライン録り


ついでに
るんるんCMIDIの伴奏を入れて 1コーラス目はソプラノ弦で 2コーラス目はアルト弦で 演奏(ライン録り)


生録はライン録りに比べて 音量が小さくなりますが
音の違いを感じていただきたいので 今回はあえて 加工してません。



いい音を出すためには 弓の圧力が大切です。
電源を入れなかったり 小さな音で弾くと
自分の弓圧がわからず 力んで演奏している場合が多いです。
電源を入れてると 強すぎると「ギギギー」と鳴ったり かすれた音が出るので 
それを避けようと 自分で調節できるようになります。

初心であるがゆえに とても大切な基礎練習です。
できたら 曲でなく音階のようなもので 特訓しましょう。
posted by ヴィオリラ講師KON at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | ヴィオリラレッスン入門編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

新しく買ったヴィオリラ(続)

お返事の中に再度の質問がありましたので
別記事でアップいたしました。


--------------------------------------------
先ほど、弓でヴァイオリンのような音が出ないという

質問をさせていただきましたSです。

弦楽器経験は、ありません。

早速メールの通りにしましたら、ネットで聴けるヴィオ
リラ
ような音が出ました。
ありがとうございました。
きれいな音が出るのは何も押さえない場合のみで、鍵盤を
押さえると汚い音なのですが、
これは練習あるのみということでしょうか。根気良く、ヤニは毎回します。

それとヘッドホンで聴いてると大正琴のような音も

聞こえてくるのですがこれは本体からの音なのか??仕方ないのでしょうか。
例えば、ピックで弾くとギターのような音と同時に大正琴の
ような音も鳴ってる気がします。

これは、先生方が演奏会などでスピーカーなどに

繋いだ場合、大正琴のような音は、客席には届いていないのでしょうか。
私だけ大正琴の音がするのでしょうか。質問ばかりで、す
みません。

分からないことだらけで。。。

お忙しいと思いますので、お時間があれば、返信いただけると幸いです。

続きを読む
posted by ヴィオリラ講師KON at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 質問箱(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しく購入したヴィオリラの弓の音

ちょっと前になりますが
HPからのメールでお問合せがありました。

皆さんにも役に立ちそうなので ご本人の了解をとっていますので
こちらで公開したいと思います。

同じような悩みをお持ちの方の参考になれば嬉しいです。

----------以下 Sさんからの メールです-----------------------


はじめまして。HPを閲覧させていただきました。

本日、ヴィオリラが自宅に届いたのですが、
これから趣味として独習の予定です。

こちらに質問で合ってるか分からないのですが、
先ほど始めてヘッドホンをつけてピックで
弾いてみましたらギターのような音が鳴りました。

しかし弓で弾いても音が変わらないと思いました。
ヴァイオリンのような音には鳴ってない気がします。

何か間違えているのでしょうか?
コツでも何でもいいのですがアドバイスいただけたらと思い、メールをさせていただきました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
posted by ヴィオリラ講師KON at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 質問箱(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

トレモロ指導の秘伝(?)

るんるんmixiの大正琴のところで出た質問でしたが、こちらで回答することにします。
「トレモロ」といっても弓で行う「トレモロストリング」ではなく
ピックを使う普通のトレモロです。

 では、トレモロ指導の秘伝(?)を公開しましょう。



ムード・トレモロの練習は 色鉛筆をもって薄く塗る練習か
ら始めましょう。



・その感覚が身についたら 鉛筆をピックに持ち替えて 紙の上で色塗りの真似をします。



・その紙を大正琴の弦の上において色塗りの要領を続けます。



・手の動きが自然になれば紙をすっと抜きます。



クローバー注意点は

・手の力を抜いて上からピックを「すっと!」取られるくらいのゆるい持ち方をしていること

(左右の動きをしているので ゆるく持っても決して落ちません)



・弦の上をこすっているのではなく平らなところをこすっているイメージを持つこと



・手首は「バイバイ」って手を振る感覚で力まずに振ること

 (お裁縫の運針の上手な方はこの方法はすでに身についています)



かわいいこのやり方を最初に身につけると トレモロはバッチ
リです。

細線だけのトレモロや細巻線だけのトレモロも上手にできます。



私は変な癖がつく前にお稽古はじまって、なるべく早く練習をしてもらっています。



・最初は力を抜いてゆっくりの往復の練習で トレモロのスピードにはなってないですが

きれいに力が抜けた段階で手首の振りを早くするだけで

トレモロが完成します。



危険・警告それから最初は10分以上連続して練習しないことも
お忘れなく。

力が上手く抜けてない状態でやると腱鞘炎の原因になりかねません。



以上、私が15年の指導歴で使っている方法です。

頑張らないで!がんばりましょう!

           きっと上手くいきます!ウインク



かわいいもうひとつ 「できない」と暗示をかけないで「でき
る!」って思い込むのも大切かも・・・るんるん
posted by ヴィオリラ講師KON at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィオリラレッスン初級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

ヴィオリラを買ったら---接続2

前回はヴィオリラを付属の「ヘッドフォーンで繋ぐ」という設定で
音を鳴らすことについて書きましたが

きょうは「外部機器に接続して鳴らす」設定を説明します。

用意するもの ヴィオリラ・電源アダプター・ケーブル(以上は購入したときに入っています)
それと外部機器です。
ここではMDP10(伴奏くん)で説明します。
最初にヴィオリラと伴奏くんの電源を繋いでおいてください。

banusiro.JPG

写真は伴奏くんの背面です。
一番左の矢印のところに付属のケーブルを入れます。

banmae.JPG

上は伴奏くんの前面です。
左の電源をオンにして下さい。
その後ヴィオリラのスイッチを入れて▼のあたりに音量を上げてから
もう一度背面の矢印中央の「ボリューム」を上げてください。

軽く鳴らしながら音量を調整して下さい。
外に漏れないようにヘッドフォーンをこの外部機器に繋ぐこともできます。
付属のヘッドフォーンで合います。

伴奏くんがない場合は マイク端子のあるラジオカセットやステレオ
またはアンプスピーカーなどにつなげます。
なおラジカセやステレオのマイク端子が小さいもの(ミニプラグ)の場合は
電気店で「ケーブルの標準モノラルプラグからミニモノラルプラグに変換するもの」といって買い求めて下さい。(400円くらいであります)
ラベル:ヴィオリラ
posted by ヴィオリラ講師KON at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィオリラレッスン入門編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

ピアノ経験者へのアドバイス

るんるんピアノ経験者から「いい音が出ない」とのことでしたので
少しアドバイスを書いてみます。
実際に音を聞けば どういうところが悪いのかわかりますが
ここではそれが
できませんので、一般的に皆さんがつまづいておられることを書きます。
思い当たれば参考になさって下さい。


パスワード弓は軽く軽くもつのがいい音を出すコツですが
左手はしっかりと押さえなければなりません。

なので立奏が基本になります。
手の重さが無理なくかけられるからです。
(座位で弾く場合は椅子を高めにしましょう。)

ピアノ経験者は鍵盤楽器に馴れているので
指に力をかけることは苦痛ではありません。

しかし根本的に異なることがあります。
それはピアノは打鍵であり
ヴィオリラは押鍵なのです。

打鍵は瞬発力が必要で その後は脱力して
演奏するのが普通です。
ヴィオリラでこれをやると音程が下がります。
下がらないまでも音がきれいに鳴りません。

次の音に移動するまで しっかり!押さえておく必要があります。
特に楽器を買って半年くらいはアルト弦に溝が入らないので
その分力が要ります。

特に高音部は弦の長さが非常に短いので
しっかり押さえましょう。
高音部のコツは演奏時に腕が身体についてしまわないようにしましょう。

初心者は右手の脱力と左手の非脱力のバランスがとりにくいので
右足を一歩引き、重心を左側にかけるようにして
左手に自然な重さがかかるようにすれば
この微妙なバランスが体得できると思います。

右手の弓は「すーっと引っ張るだけ」を心がけてください。

アルト弦よりソプラノ弦からの練習をおすすめします。
断然音が鳴りやすいです。
右手の脱力の練習が先に練習できるからです。
posted by ヴィオリラ講師KON at 00:21| Comment(0) | ヴィオリラレッスン初級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

5/11「こんちゃん」さんへ

こんちゃんさん いらっしゃいませ。
生徒登録受け付けました。るんるん

私は今でも「こんちゃん」と呼ばれることもあるので
親しみを感じます。

こんちゃんさんはピアノ経験者ということで
左手が動きやすいのと 五線音符が読めるので
ちょっとしたコツをマスターされたなら
上達は早いと思います。
頑張ってくださいね。

私もしばらくここの更新をサボっていましたので
こんちゃんさんへのアドバイスもかねて
ピアノ経験者へのアドバイス」を書きますので
参考になさって下さい。

リボンそして質問があれば 質問箱をご利用になったり
項目へのコメントとして質問をお書きください。
posted by ヴィオリラ講師KON at 23:48| Comment(0) | ヴィオリラ教室生徒登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。