2012年06月09日

弓の練習は 電源を入れましょう

ここの登録生徒さんから 質問がありました。
お答えはしましたが 実際の音の違いをわかっていただけるように
音を入れましたので 聞き比べてください。
(弦を張り替えたばかりの楽器で録音したので 音の出方は初心者の楽器と同じ感じかもしれませんね)


季節柄♪「夏は来ぬ」(作曲:小山作之助=PD)をやってみました。

(音量が小さいものがあるので 下のプレイヤーの左の「+」で音量を少し上げてください。(目盛り4推奨)
            大きく上げたら B以降のライン録りで 大きくなりすぎますので注意!
るんるん@電気を通さず 鳴らした音 生録


るんるんA電源を入れて 生録(「リバーブ2」ON)


るんるんB「A」と同じ状態で ライン録り


ついでに
るんるんCMIDIの伴奏を入れて 1コーラス目はソプラノ弦で 2コーラス目はアルト弦で 演奏(ライン録り)


生録はライン録りに比べて 音量が小さくなりますが
音の違いを感じていただきたいので 今回はあえて 加工してません。



いい音を出すためには 弓の圧力が大切です。
電源を入れなかったり 小さな音で弾くと
自分の弓圧がわからず 力んで演奏している場合が多いです。
電源を入れてると 強すぎると「ギギギー」と鳴ったり かすれた音が出るので 
それを避けようと 自分で調節できるようになります。

初心であるがゆえに とても大切な基礎練習です。
できたら 曲でなく音階のようなもので 特訓しましょう。
posted by ヴィオリラ講師KON at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | ヴィオリラレッスン入門編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。