2013年05月06日

ビブラート(ヴィブラート)

るんるんビブラート(ヴィブラート)は音をふくよかにし
弓奏楽器の特徴が出るので しっかりマスターしましょう。


初めのうちは 前後に動かす右手と
左右に動かす左手の動きが難しいですが
何度も練習をしたら できるようになります。

上の動画では 揺らすときに音が出ていますが
なるべく鳴らさないようにしましょう。

🎵ヴィオリラのビブラートは 大まかに次の3つに分けられます。

@はじめなし  間をおいてからかける
Aずっとかける
Bはじめかけて 後半かけない


テンポや曲想によって使い分けます。

初心者は 初めは普通に弾き出た音を確認してから
左手を揺らすとやりやすいです。

音符が長くて、音程の不安定さを補うときも使います。


るんるん実際の曲の見本として 以下のところへアップしましたので
参考になさってください。
http://youtu.be/aPBJ4gQANJc
posted by ヴィオリラ講師KON at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィオリラレッスン初級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。