2013年04月28日

トレモロストリングス


かわいいあんこさんから 以下の質問箱に
http://violyre.seesaa.net/article/40697184.html
以下の答えをつけていました。

Aトレモロストリングスは オーケストラのバイオリンが シャワシャワと弓を上下させて鳴らしている演奏と同じようにする方法です。弓の先(先弓)を使って演奏します。
同じ音を長く弾くときに用いる場合が多いです。
これも百聞は一見にしかず・・・ですね。


るんるん2月下旬のことだったので もう2ヶ月以上になりますが
イベントも一段落したので
動画を作成してみました。

動画の中でも言っていますが、「軽く」を心がければ
そんなに難しい奏法ではありません。
posted by ヴィオリラ講師KON at 02:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 講師からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お忙しい中を動画をアップしていただきありがとうございます。
こんな奏法があるんですね。
本当に百聞は一見にしかず・・・です。
手の使い方がよくわかりました。
さっそく試してみます。

あと質問なのですがヴィオリラも数年使用している物と新しい物ではヴィブラートのかかり方が違いますか?
古い物のほうが私の新しいのよりもヴィブラートがかけやすいと持ち主は言うのですが・・・
私はキーの遊びの部分が新しい物は少ないのかと思うのですが使い込むうちに変わってきますか?
Posted by あんこ at 2013年04月28日 19:37
ヴィオリラは新しい楽器より使い込んだ方がいい音がします。
ただ、弦を変える必要があるので、行きつ戻りつの感はあります。
ヴィブラートはその人の癖もあるので
楽器が変わると弾きにくいかもしれません。

ヴィブラートの奏法もまた動画にしてみますね。
Posted by ヴィオリラ講師KON at 2013年04月29日 20:51
やはりそうなのですね。
中々奥が深い楽器でもあり難しいですね。

ヴィブラートの奏法の動画は楽しみにしています。
ありがとうございます。
Posted by あんこ at 2013年04月29日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。