2007年05月29日

ヴィオリラを買ったら---接続1

きょうはヴィオリラを買ったもののどうする・・・?という方のために
ごく入門的なお話です。
もう鳴らすことのできる方はパスしておいてください。 

ヴィオリラはすぐその日から弾けるように
全てがセットになって売られています。


しかし、独習でヴィオリラを初めて触られる方は
「???」が多いのも事実です。

なので ここでは独習の初心者の「???」に陥らないための
お話をしたいと思います。

まずケース中から全てのもの出してをチェックしてみましょう。BI.jpg

・本体のヴィオリラ
・弓
・松脂
・シールドケーブル(黒い線です)
・ピック2枚
・調子笛
・ヘッドフォン
・説明書

ヴィオリラは電気につないでないと鳴りません。
なので接続します。BIw.JPG
背面の穴にアダプターとヘッドフォンを繋ぎます。

「電源」にアダプターを入れる。
その隣のoutにヘッドフォンのジャックを入れる。
もう1コ穴がありますので こちらに入れると鳴りません。
電源が入ったら上部のスイッチをONにし、▼の印のところまで回しておきます。

またヘッドフォンのジャックはしっかり奥まで入れましょう。
時々中途半端な差込をされて「鳴らない」という方もおられます。
電源アダプターは必ず付属の専用のものを使用して下さい。
弦を指ではじいて見て下さい。ちゃんと聞こえたら正解です。
きょうは付属品のみで鳴らす接続方法をお伝えしました。
この次はアンプに繋いでの方法です。
posted by ヴィオリラ講師KON at 15:45| Comment(3) | TrackBack(0) | ヴィオリラレッスン入門編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ヴィオリラは、電源を入れないと鳴らないとのことですが
私は電源を入れずに練習しています。
電源オン ヘッドフォンを差し 音量大きくした状態で ヘッドフォンから音は聴こえますが! 生の音もしっかり聴こえ、電源を入れる意味 必要性がないと思うからです。
夜でも練習できると言いますが、ヘッドフォンをしても!日中でも!近所にご迷惑かけています。
正しく設定すれば、生の音は全く聴こえないのでしょうか?

又、弓を引いたり押したり?する目安ってありますか?
同音がない場合、1小節分は引く 次の1小節分は押す…みたいな目安を教えて下さい。
ソロなら、好きな感覚でもよいのでしょうか?
お手数をおかけしますが、アドバイスお願い致します。
Posted by ひまわり at 2012年06月05日 23:53
ひまわりさん
練習頑張っておられるのですね♪

電源を入れない生音と電源を通したヴィオリラの音は違って聞こえないですか?

●擦弦楽器なので 生音を消すことはできません。
(結構大きいといえば大きいかもですね・・・)

でも 練習初めのときこそ 電源につないで欲しいです。
生音だけでやると 弓圧が大きくて きれいな音作りの基礎が築けません。

ふわぁと触る程度で音を出すのです。
これで多少は生音が小さくなります。

演奏しているときモニター音が聞こえにくいとつい弓圧を上げて生音を上げようとしますが、外部にはサイアクの音で出てしまいます。(-_-;

●「弓を引いたり押したり」は「下げ弓」「上げ弓」といいます。
アルト弦を下げてスタートするのが基本となっています。

入門の方には1音と一弓。次に1拍を一弓。
そして1小節を一弓にと3段階で指導しています。
曲の速さや拍子にもよりますが、さらに2小節を一弓にできるように。

基本ができれば自由でいいと思いますが、
スラーの頭は必ず下げ弓でと揃えるのも大切だと思います。

強弱を弓圧でつけたりスピードでつけたりしますが、スピードでつける場合は細かく上げ下げしてますね。

この時間はさすがに録音できないので
また 生音と電源を入れた音の違いをアップしてみますので
比較してみてください。
Posted by ヴィオリラ講師KONNO at 2012年06月06日 01:52
先生、早々にありがとうございますm(__)m
電源オンで聴いて練習してみます。
生の音は、やはり聴こえるのですね。
大きな疑問解決しました!
予想以上の音量でした。
今は、子泣きじじい はたまた お化け屋敷か!という悲しすぎる音色ですが、まずは半年 心でごめんなさいを言いながら練習します。(((^_^;)

下げ弓 上げ弓→上下する目安、アルト弦で下げ弓スタート スラー時等もわかり助かりました。

私の場合、ややこしい!指送り? 要所要所のスタート時の指番号 弓の上げ下げマーク等、楽譜に記入した方が良さそうです…(>_<)

弓圧…そこまで考えられる日は、いつやら…

少し触ってみて、左手が甘いと音が悪い事もわかりました。
オンライン教室に感謝です。










Posted by ひまわり at 2012年06月06日 17:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。