2008年05月12日

ピアノ経験者へのアドバイス

るんるんピアノ経験者から「いい音が出ない」とのことでしたので
少しアドバイスを書いてみます。
実際に音を聞けば どういうところが悪いのかわかりますが
ここではそれが
できませんので、一般的に皆さんがつまづいておられることを書きます。
思い当たれば参考になさって下さい。


パスワード弓は軽く軽くもつのがいい音を出すコツですが
左手はしっかりと押さえなければなりません。

なので立奏が基本になります。
手の重さが無理なくかけられるからです。
(座位で弾く場合は椅子を高めにしましょう。)

ピアノ経験者は鍵盤楽器に馴れているので
指に力をかけることは苦痛ではありません。

しかし根本的に異なることがあります。
それはピアノは打鍵であり
ヴィオリラは押鍵なのです。

打鍵は瞬発力が必要で その後は脱力して
演奏するのが普通です。
ヴィオリラでこれをやると音程が下がります。
下がらないまでも音がきれいに鳴りません。

次の音に移動するまで しっかり!押さえておく必要があります。
特に楽器を買って半年くらいはアルト弦に溝が入らないので
その分力が要ります。

特に高音部は弦の長さが非常に短いので
しっかり押さえましょう。
高音部のコツは演奏時に腕が身体についてしまわないようにしましょう。

初心者は右手の脱力と左手の非脱力のバランスがとりにくいので
右足を一歩引き、重心を左側にかけるようにして
左手に自然な重さがかかるようにすれば
この微妙なバランスが体得できると思います。

右手の弓は「すーっと引っ張るだけ」を心がけてください。

アルト弦よりソプラノ弦からの練習をおすすめします。
断然音が鳴りやすいです。
右手の脱力の練習が先に練習できるからです。


posted by ヴィオリラ講師KON at 00:21| Comment(0) | ヴィオリラレッスン初級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

5/11「こんちゃん」さんへ

こんちゃんさん いらっしゃいませ。
生徒登録受け付けました。るんるん

私は今でも「こんちゃん」と呼ばれることもあるので
親しみを感じます。

こんちゃんさんはピアノ経験者ということで
左手が動きやすいのと 五線音符が読めるので
ちょっとしたコツをマスターされたなら
上達は早いと思います。
頑張ってくださいね。

私もしばらくここの更新をサボっていましたので
こんちゃんさんへのアドバイスもかねて
ピアノ経験者へのアドバイス」を書きますので
参考になさって下さい。

リボンそして質問があれば 質問箱をご利用になったり
項目へのコメントとして質問をお書きください。
posted by ヴィオリラ講師KON at 23:48| Comment(0) | ヴィオリラ教室生徒登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

ヴィオリラを買ったら---接続1

きょうはヴィオリラを買ったもののどうする・・・?という方のために
ごく入門的なお話です。
もう鳴らすことのできる方はパスしておいてください。 

ヴィオリラはすぐその日から弾けるように
全てがセットになって売られています。


しかし、独習でヴィオリラを初めて触られる方は
「???」が多いのも事実です。

なので ここでは独習の初心者の「???」に陥らないための
お話をしたいと思います。

まずケース中から全てのもの出してをチェックしてみましょう。BI.jpg

・本体のヴィオリラ
・弓
・松脂
・シールドケーブル(黒い線です)
・ピック2枚
・調子笛
・ヘッドフォン
・説明書

ヴィオリラは電気につないでないと鳴りません。
なので接続します。BIw.JPG
背面の穴にアダプターとヘッドフォンを繋ぎます。

「電源」にアダプターを入れる。
その隣のoutにヘッドフォンのジャックを入れる。
もう1コ穴がありますので こちらに入れると鳴りません。
電源が入ったら上部のスイッチをONにし、▼の印のところまで回しておきます。

またヘッドフォンのジャックはしっかり奥まで入れましょう。
時々中途半端な差込をされて「鳴らない」という方もおられます。
電源アダプターは必ず付属の専用のものを使用して下さい。
弦を指ではじいて見て下さい。ちゃんと聞こえたら正解です。
きょうは付属品のみで鳴らす接続方法をお伝えしました。
この次はアンプに繋いでの方法です。
posted by ヴィオリラ講師KON at 15:45| Comment(3) | TrackBack(0) | ヴィオリラレッスン入門編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

ご挨拶「はじめまして」

org_pict_1_02.jpg 皆さん はじめまして。
 当サイト「ヴィオリラ教室 on Line」の担当講師
             今野(KONNO)と申します。

TMTN_016.GIF
2001年のヴィオリラ発売と同時にヴィオリラを手にして以来、

コンサート活動やヤマハセンターや自宅での教室講師をしています。

 このたび オンラインレッスン としてオープンした
このブログで

皆さんとヴィオリラの時間を共有できたら嬉しく思います。


ここでファイルをアップしたり、ポッドキャストでレッスンを進めるつもりです。 

ちょっとしたコツできれいな音が出るようになりますので
レッスンで悩んでおられる方や独習で頑張っておられる方の参考になればと思っています。


レッスンのことでお悩みの方、どうぞ遠慮なくご質問下さい。
このブログ内に質問箱を設けましたので、そちらお気軽にどうぞ。

またメールでご質問になりたい方は「ヴィオリラ大正琴愛好会」のメールをご利用下さい。


       では、皆さん どうぞよろしくお願いいたします。
violyre_blog2.jpg

 
担当講師のヴィオリラについての

 よもやま話の
  ブログ「愛しのヴィオリラ」もご覧下さい。

←画像をクリック。
posted by ヴィオリラ講師KON at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

ヴィオリラレッスンの前に

ph_nrv.jpg

ヴィオリラ」ってご存知ですか?
YAMAHAが2001年に開発した新しい楽器です。
ベースは大正琴ですが、バイオリンのように弓で弾けるようになっているのが
大きな特徴です。

バイオリンは小さいときから練習をしないと耳が育ちませんが
ヴィオリラは鍵盤がついているのでそれを押さえることにより
ほぼ安定した音が出るのが特徴で 

長じてからもバイオリン演奏のようなことができる楽器です。

また弓奏が目を引くヴィオリラですが、指で弾いたり、

ピックで弾くなど奏法的にも

大正琴の音色とはまた違った味が出せ、今後発展していく楽器と思います。

音域が限られ単音しかでないという特性から、歌ものの演奏が多いですが、
奏法によっていろいろな音色が出せることから様々なジャンルの演奏ができ
幅広い層から支持を得ています。


楽器の詳細を知りたい方はYAMAHAのサイトで見て下さい。
また「ヴィオリラ大正琴愛好会」のホームページもご覧下さい。
posted by ヴィオリラ講師KON at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

質問箱

TMTN_006.GIF

★「ヴィオリラ教室on Line」の生徒さん(最初に、on Line生徒登録のコーナーでコメントに記載して下さいね。もちろん登録料等はかかりません)は こちらから質問して下さい。

★各講座のところでは 内容に関連した質問の場合は「コメント」で記入していただいても結構です。


★質問の際のお約束>>
  1. お名前(ここでのハンドルネームです。重複しないようにして下さい)
  2. ヴィオリラ経験年数
  3. レッスン受講経験の有無
  4. 質問内容(わかりやすくお願いします)
     以上を必ず記載して下さいね。
posted by ヴィオリラ講師KON at 23:28| Comment(20) | TrackBack(0) | 質問箱(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

生徒登録

TMTN_021.GIF 

「ヴィオリラ教室on Line」の生徒になりたい方は

ここで登録をなさって下さい。

登録料は要りません。

あなたの熱意と努力だけが必要です。

コメント欄に以下のこと(*印は必須)を記入なさって下さい。

  1. *お名前(ココでのハンドルネームです。重複しないように)
  2. *ヴィオリラ経験年数
  3. *他の楽器の経験(楽器名と年数。資格があればそれも)

以下は任意で

  • お住まい
  • 年代
  • その他ご自由に自己紹介なさって下さい。
posted by ヴィオリラ講師KON at 00:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 講師からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。